FC2ブログ

Latest Entries

輝く光の中で僕は堕ちていく

さて、汐留もイルミネーションの時期になりました。

ちなみに去年(2008年)の画像
2008年carletta前イルミネーション



今カレッタ汐留の前でも
イルミネーションの準備が進められています。
2009年caretta前イルミネーション準備中



近年(少なくとも去年は)、
カレッタのイルミネーションは、大変な人気だそうで、
今年もなんか気合入って準備されています。

ほんの数年前は職人が数人で来て、
わずか2,3日で簡単そうに照明を組み立てていたんですが、

今年はレーザー測量を行って入念に骨格を組み立てて
結構な人が組み立て作業をされていますが、
一週間近く経ってもまだ出来上がっておりません。

なにはともあれ、完成が楽しみであります。




さて、そろそろ去年言いたかった事を言わせてもらおうか。

確かにイルミネーションは凄く綺麗です。

神秘的でありロマンチックであり、
恋人同士でくるには最適な場所と言えるでしょう。



しかしだ!

一人で来るのを禁止されている場所でもねぇ!

そして、わざわざ川口の自宅から
38分間電車に揺られて約1時間かけて来た訳じゃねぇ。

汐留に用事があって、そのついでに寄っただけだ。

確かに、カップルが大量にいると容易に予想できる所に、
一人でノコノコ来た奴が間抜け過ぎと言えなくもない。

でも、独り身だってイルミネーション見たいじゃないか!

自分だって多少の気は使っているのです。

自分なんかと 誰も目を合わせないように下を向いて歩いたり、
カップル様の通行の邪魔にならないように先行大幅道譲りしたり、
そして目立たないように黒い私服で出かけたり、

とにかく空気になるように徹底しているのです。

自分が場違いなのはわかっています。

でも、
イルミネーションを見たいから大人しくしているのです。


それなのになのになのになの、


なぜ?そんな自分に写真を撮るように頼みますか?

なぜ?周りにカップルだらけで、同類同士がたくさんいるのに、
場違いで独り身の八分者の自分に写真を撮るように頼みますか?

同類同士で楽しく撮ればいいじゃないですか。

このような場に思わず独り身で来てしまった人が
楽しく写真撮れるとお思いですか?

それとも何ですか?
こんな所に一人で来てる人はスタッフにしか見えませんか?
(ちなみに後日、写真撮影用のスタッフが配置された。)

一組のカップルの写真を撮ったら
次々と頼んでくるのは何故ですか?

普通に考えよう。
後ろに並んでるカップルが、
前のカップルの写真を撮れば
万事うまくいくんじゃね?

なぜ、独りで悲しく寂しい人が、
幸せそうなカップルの写真を
次々に撮らねばなりませんか?

自分をデジカメ撮影職人にでもしたいのですか?
えぇおかげでいろんな種類のデジカメの操作を覚えましたとも。

なぜです?

ある意味、
晒し台で晒された気分ですよ。

なにか私の心に傷でも残したいのですか?

自分の眼は涙で一杯なのですよ。
決して潤んでる訳ではないのです。

この後、
新橋駅のトイレに駆け込んで
号泣しましたとも。



フッ

十数組のカップルの写真を撮りましたが、
その内何組のカップルが別れましたかね?フフンッ!

しかし、普通に考えれば、
この一年で、
特段、付き合えなかった人より、
恋人と別れた人の方が遙かに上等でしょう。

なんか、
戦う前に敗れた。のと、
戦って敗れた。みたいな。

なにはともあれ、

カップルは写真を頼むなら、
カップルに頼みなさい!


スポンサーサイト



テーマ:わぁ?んヽ(;´Д`)ノ - ジャンル:恋愛

人は人の中でしか生きられないもんさ

さて、8月に入り、
学生なんかは夏休みを満喫中な
季節になってまいりました。

夏と言えば家出っ子。

こんな季節でも夜中の11時頃ともなれば危険がいっぱいです。

特に
旧浦和市なんか辺りが危ないんじゃないかな?っと
思う次第であります。


なにが危険かと言いますと、
ファミリーマートまで200mぐらいで
比較的明るい路地をちょっと入ったら・・・

制服を着た女子高生と、
いかにも大学生チックな男が、
(ちなみに、夏休み前のお話です。)

男「ちょっといいから!!」
女子『離して!』
男「こっちこいよ!」
女子『いや!!!』

なんか言いあってる・・・orz


これも一種の夏の風物詩ですかね?
春先から夏にかけてよく見る光景な気もします。

ちなみに自分、
あの真近く通らなきゃ、
自分の進むべき道は進めなそうです。


辺りを見渡してみたら、
自分の先や、向こう側からも歩行者がいます。

そんで、


PSPやってるアンちゃん通った??!

華麗にスルーーー!!!

何も存在しないかの如く見事なスルーだ。


次に25歳ぐらいのOLさんが通った??!

ガン見してる!ガン見してます。
でも、でも、

そのまま通過した???!!!


その直後に40歳ぐらいのサラリーマンが通ったーー!

なにも存在しないかの如く華麗なスルーだーー!!



・・・・・・・・・・



これってもしかして、
スルー検定ってヤツですか???
この状況に対してツッコミを入れたら負けなんでしょうか?


そうこうしてる内に、
女の子が引きずられながら
自分の近くまで来てしまいました。


全力全開でスルーしたかったんですが、
スルーできる度胸もない自分なので、
「なにしてるの?」
っと普通に聞いしまいました。

女子『ヤダってば!』
男「いいから!」


どうやら、
俺がスルーされたらしい・・・





スルーされて呆けてたら
女の子が俺に気がついた。

女子『助けてください!!!』

男「ちょっ、静かにしろよ!」
女子『いやぁ!』



そして走り去っていく彼・・・

(あ、あの??、すいません。
 女の子一人お忘れですよ?)
っと、
声をかける間もないぐらい、見事な脱兎の如しでした。



自分、なにもしてないのに、
"助けた"という理屈になるらしい。

女の子から礼を言われたので、
そういう事でいいかも知れませんが、

実際、自分はなにもやってません。

この話はもうちょっと続きますが、また後日。
(いや。続かないかも・・・;)



ちなみに、この女の子は家出っ子。
男のほうは今日初めて会った方だそうです。

どういう事なのか詳しく聞く気にもなれないので、
詳しく聞いていませんが、

おそらく、
家出っ子の女の子が無償(or いい条件)で宿を借りようとして、
宿を貸してくれる人がいたけど、、、よくなかった!
って、所ですかね。多分、恐らくきっと・・・



まとめと言うか、なんと言うか。

この女の子曰く、
外で悶着してる間に、
10人ぐらい通ったけど
みんな見て見ぬふりだったのが
"信じられない"だそうで、

「人は他人に冷たすぎる」っと
言うようなニュアンスな事を言っていました。



ゔ???ん.........
でもね。



"他人に『自分を助けろ。』"って理屈で、
【助けてくれないから冷たい人だ。】って
理屈もどうかと思うのでありますよ。

こういう表現も的確ではないと思いますし
もちろん、この女の子も
そうは思ってはいないって事は理解しています。

この子視点から見れば、
”ほんのチョット声を掛けてくれるだけで自分は救われたのに、
 ほんのチョット声を掛けてくれる人すらいないなんて有り得ない。”

っと言うような事を言ってました。

事実、自分がちょっと声を掛けただけで、
この子から見ればモノすんごく助かったのでしょう。

要は
「ほんのチョットだけ、力を貸して欲しい。」
って言う風に思っていたのではないかと思います。


でも、
"チョットした事"なのか"莫大なリスクを背負う事"なのかは、
彼女が決める事ではなく、
手を出す側が判断する事なんじゃないかと思います。


そいと、
自分は思うんですが、

何の見返りが無いとしても、
ほんのチョットした事で、
人を救う事ができるのならば、
大多数の人は
人を助けてくれると思いますよ。


もうちょい、具体的に言うならば、


目の前で倒れてる人が居て、
倒れてる人が、手を差し伸べて欲しいと言う事がわかって、
手を差し伸べる事に対して、何のリスクもないならば、
大多数の人は手を差し伸べるのではないでしょうか。


仮にもし、

倒れている人が何らかの病気を持っていて、
手を触れる事によって感染のリスクがあるならば、
手を差し伸べてくれる人は大幅に減るでしょう。

もしかしたら、
そんなリスクを背負ってでも、
手を差し伸べてくれる人も居るかもしれません。

でも、
リスクを背負ってまで自分を助けて欲しいと言うような事を
他人に期待するのはどうかと思うのです。

逆から見た話
【自分自身がリスクを背負ってまで人を助けられるでしょうか。】




ちなみに、

なんの根拠もありませんが、
自分は、
 人は、自分にリスクがなければ、
 無償で他人を助ける"事もある"生物

と思ってます。

『たったそれだけの事?』っと
思われる人もいるかしれません。

でも、
たったそれだけの事ですが、
人は十分、優しいんじゃないですかね。

たったそれだけの事が形になったのが、
今の世の中そのものだと思います。



人に失望していた女の子に
伝えたい事だったんですが、
自分は伝える事はできませんでした。

テーマ:いろんなことがあるもんさ - ジャンル:恋愛

聖なる日に包まれて

バレンタインデーですか?
もちろん なにもありませんでしたよ。
えぇ、毎年通りです。

しいて言うなら、

朝、歩いていたら、
黒い物体が前方に落ちている。


なんだろう?


どうやら、洋服みたいだ。
女性用のジャケットみたいだ。


なぜ?
こんな道路沿いの歩道に落ちているのだろうか?


洗濯物が風で飛んできたのか・・・?
自転車のカゴにジャケット入れてけど落としたとか・・・?

うむ???
イマイチよくわからない。。。


その洋服の前まできて、
理由がなんとなく、
よくわかった気がした。



ジャケットに包まって、
猫がよく眠っていた。



この洋服の持ち主は、
風邪を引かずに家に帰れただろうか・・・?


そんな、St.バレンタインデー

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

君はミーと言うけれど、ミーじゃないのよ2000なの

職場のPCを新しくした。

今までOSは
Windows2000を使用していたが、
WindowsXPになった。

長い間、Windows2000を使い続け、
っというか、
家では現役バリバリに、
Windows2000を使い続けいているので、
WindowsXPの画面を、クラシック表示にした。

WindowsXP デスクトップ画面
参考画面:WindowsXP 標準画面

WindowsXP クラシック デスクトップ画面
参考画面:WindowsXP クラシック画面


これで見た目は
Windows2000になった。(^-^)/ワーイ♪
Windows2000 デスクトップ画面
参考画面:Windows2000



鼻歌気分♪♪♪で、新PCをいじっていると、

この子がこんな事を言い出した。



「【Windows Me】みたいですね♥」





Meじゃねーよ!ミーじゃ!!ミー

Windows2000だろうが!!!

2000とミレニアム(Millennium)じゃ
天と地以上に違うんだよ!!!



必死に、Meと2000の違いについて説明したが、
理解などされるわけもなく、


「パソコン詳しいんですね♪」


違う・・・
俺が言いたい事はそういう事じゃないんだ・・・

俺が言いたい事は、下記に非常に長くまとめてある。
まとまってない気もするけど。

それを普通の人に理解してもらおうというのが
大きな間違いだと気づき、
泣き暮れ、
デスクトップ表示をXP標準に戻した・・・


俺の主張!!!
 Windows Me(ミレニアム または ミー or エムイー)
  2000年に発売され、2000年→Millennium→Me っと名づけられた。
  新機能や意欲的な実験機能を搭載し、その高性能を持って、
  今までのWindows98に取って代わるOSとして期待されたが、
  本体の安定性が非情に悪かった事、新機能が空振りに終わり、
  非情に使いにくいOSとして認定されてしまった。
  その扱い難さから、徹底的に叩かれてしまったOSであり、
  嘲笑的な笑いを受けて、
  WindowsMeを搭載したPCを使っただけで馬鹿にされてしまい、
  WindowsMeは一般的には失敗と言える出来となってしまったが、
  Windows98→WindowsXPへとOSを進化させるためには、
  どうしても必要であったイケニエ役を見事に果たし、
  WindowsXPへのフィールドバックを成功させた。
  そんな、一生懸命がんばりながらも報われなかった姿が
  多数の人の心を打ち、不思議な魅力を放つ影の名OSであるが、
  でもやっぱり、一般的にはドジで笑われ役な存在であった。
  WindowsMe デスクトップ画面
  参考画面:WindowsMe

 Windows2000
  一般向けのWindows9x系と企業向けのWindowsNT系との
  統合を目指したMicrosoftがその社運を賭けて開発したOS。
  Windows95の発売で、GUI OS戦争で
  大きく他のメーカーを引き離したが、
  同時に弱点も多く露見してしまった。
  特にセキュリティー関連と安定性に問題があり、
  Microsoftはその穴を埋めるのが急務であった。
  また、Linuxの台頭やiMacの追撃、
  OSに依存しないJAVA思想の広まりなど、
  Windowsの基盤は非常に崩れやすい状況であり、
  統合型次世代Windowsの開発は失敗できない状況であった。
  同じWindowsの統合と言っても、
  9x系とNT系はそもそも基本の設計思想が全然別物であった為、
  統合は容易ではなかった。
  (9x系の柔軟の部分が思い切り足を引っ張っていた。)
  柔軟さを持ちながら堅牢さを誇るという、
  矛盾した性能を実現しなくてはならなかった。
  その為、一般向けにはWindows2000の利用は勧められず、
  登場した当初は対応アプリが少ない、
  ハードのデバイスドライバが対応していないなど、
  数々の困難があった。
  Windows2000の初期のユーザーは、
  Windows2000が日々進化していく過程を見ており、
  いわば戦友とも言うべき存在である。
  Windows2000の壮大なるロケテストは成功に終わり、
  Windows2000のテスト結果に
  WindowsMeの新機能等をフィールドバックし、
  誕生したのがWindowsXPである。

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

失えば得、得れば失う。

彼女が「痩せろ!」言うので、

10Kg痩せた。

彼女は、10Kg 肥えた・・・・

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

«  | HOME |  »

2019-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

川口ゲン太

Author:川口ゲン太
gen@hmgx.net

フラレ率100%の男の悲劇
(注:ここの話は100%妄想です。)

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

 

 

リンク

ブログ内検索

 

 

RSSフィード