Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらめきの向こう側にあるもの

(注:あくまでフィクションです。)


クリスマスと言えばキリスト教

あまり、
キリスト教とは意識されませんが、

キリスト教の祭典というか、
キリスト様の誕生日ですね。(*^ー゚)b


キリスト教と言えば、
テロやアフガンのイスラム教と戦いを繰り広げているよね。


この時点で全速力で逃げるべきでした。

大きな誤解ですが、
イスラム教徒の中に、テロなどを起こす人もいるってだけで、
イスラム教がテロを起こしているわけではありません。

あと、キリスト教もイスラム教も
別に戦いを繰り広げているわけではありません。

そういう取り上げ方をされる事もありますが、

近年はともかくとして、
1000年以上は近しい友人として、
お互いを尊重し合い、
仲良く共存してきた関係です。

極一部を取り出して、
全部がそうであるみたいな言い方は
あまりよくないとお思います。


キリスト教は、
昔から血を争う宗教だよね、
十字軍遠征とか、
異教徒への殺戮行為とか
魔女裁判とか・・・


ここら辺で好き勝手な事を
ほざかせるのはどうかとも思ったんですが、

それを聞かされているのが自分だけなので、
とりあえず、喋らせておきます。

多分、
宗教を意識しない人よりかは、
平和的な人が多いかと思います。

統計などを取ったわけではありませんが、
自分が実際に見た事のあるキリスト教徒の方は、
相手の事を重んじ慈愛に溢れた方が多かった気がします。

確かに、
宗教が戦争を起こしたり、
人を殺した事もあるでしょうが、

それが宗教のすべてみたいな言い方は
よろしくないと思います。


そんな大層な話の後に何が飛び出してくると思ったら、

クリスマスイルミネーションの煌めきは、
命のムダな消耗、殺し合いを隠すためのもの。

だからクリスマスの日に、
命の創造行為であるセックスをしたくなるのかなって。



今世紀も残り90年以上ありますが、
今世紀最大のビックリにしてもいい。

こんな事を真顔で言い出す女が
この世にいるとは驚きだ。

これ?
クリスマスどっきり???

俺のツッコミまち???



高校生の頃の自分に
↑こういう事言い出す女が生きてる間に遭遇すると思う?

って聞いたら、全力をもって

「いるわけないだろう!!」

と答えるでしょう。

つか、
昨日の自分に聞いてもそう答えます。

いくら人間の多様性は想像を絶するとは言っても、
想像からハミ出しすぎです。

って言うか、自分が1000年脳みそで考えても
このような女性を思い浮かべる事は不可能です。


なんで、自分はクリスマスイブに
こんな話を聞かされなければいけないのでしょうか?

ちょっと試練がキツすぎます。

クリスマスに聞くんだったら、


悲しいお話があります

今年もクリスマスイルミネーションは
パパと見に行きました。

by 女子高校生 1年



こういう話を聞きたい!

これは
悲しい話やない!
泣ける話や!


心温まり人類に希望を与える、
まさに両目から汗が溢れ出てくる
そんな話をクリスマスに聞きたい。


そんな一人ぼっちの2009年クリスマスイブ
スポンサーサイト

テーマ:こいつ業者の手先です - ジャンル:恋愛

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovetimestory.blog66.fc2.com/tb.php/69-9244ab3c

«  | HOME |  »

2018-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

川口ゲン太

Author:川口ゲン太
gen@hmgx.net

フラレ率100%の男の悲劇
(注:ここの話は100%妄想です。)

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

 

 

リンク

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。